スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これじゃねえ! VS これはこれで・・・ な葛藤が素敵な映画(REC3)



皆様お久しぶりです。

さて、例によって約9ヵ月間放ったらかしにしてた当ブログですが、先日半年ぶりくらいに確認したところ、
こんな零細ブログにもいまだに何を間違ったのか、毎日数人単位でいまだに来訪者があるようで、
ありがたいやら申し訳ないやらの気持ちでいっぱいとなっております。

さて、そんな訳でいい加減何か書こうかと考えた結果、久々の映画レビューとなりました。

あ、大喜利もまともな休日過ごせた時はやってますよ。
やる時はニコ生で手当たりしだいに参加してますので、もし見かけた時は
「あ、生きてた」くらいには思ってやってください。

さて、昔ある人がこんな言葉を残しました。

兄

「兄より優れた弟など存在しねぇ!」と。

映画もこれに当てはまるようで、続編映画というのは大体1と比べてパワーダウンしちゃうのがほとんどです。
(もちろん例外もあるのですが)

やっぱり最初のインパクトって言うのは大事で、2になると見慣れちゃうってのがどうしてもあるんですね。
特に、ストーリーよりも手法や演出で話題になった映画は特に。

今回ご紹介する「REC」シリーズも、全編に渡ってハンディカムビデオを使った演出と、
マンションと言う閉ざされた空間内におけるサスペンスが話題になったホラー映画でした。

続編の「REC2」においてもその手法は少し変化球ではありましたがしっかりと活かされ、
ストーリー的に賛否両論あったものの、まあそれなりに面白い、と評価される内容でした。

では、「REC3」においてもそれは続いたのでしょうか。
結論から言いましょう。

答えは「否!」です。


物語は主人公の結婚式から始まります。
喜びにあふれる新郎新婦や出席者たち。それを撮影する家庭用カメラ。
約20分に渡り、披露宴の様子や2次会のパーティーの様子を撮影したシーンが続きます。

と、ここまでは確かに今まで通りのRECでした。


が、最初の犠牲者が発生し、パニックが始まったところで主人公がカメラに向かってこう叫びます。

「おい、何撮ってやがる!」
あっさりと壊されるハンディカメラ。

普通の映画と同じ様なカメラワークで始まる本編。
そして、ここでようやくタイトルコール。



REC3」



いや、「REC」じゃねえじゃん。
POV形式じゃなくなったじゃん。


・・・とまあ、ハンディカメラ形式を一気に捨て去った今回のシリーズ。
「今までのやり方じゃもう駄目だ!」と開き直ったわけですが、
この開き直りをどうとらえるかで評価は変わると思います。

個人的にはアリです。

似たような流れを一つ挙げると「ブレアウィッチ・プロジェクト」が2でPOVをやめつつ、
現実とカメラに映る映像の差異、という面白いやり方をしました。
(興行的には大失敗だったけど)

ですが、見た感想としては、「ブレア~」よりも、こちらに近いという印象を受けました。



そう、ここでも ブルキャン祭り と題し、盛大にレビューした
「死霊のはらわたシリーズ」です。

1で後の多くのホラー作品に多大な影響を与え
2ではSFXを駆使し、正当な続編として評価され
3でなぜかホラーコメディファンタジーという、
意味不明なジャンルに突入したあの作品です。




ハッキリ言いましょう。

「REC3」は
スプラッターコメディファンタジーラブストーリー
という、新たなジャンルを生み出しました。

まあ、「名作か」と聞かれれば「迷作です」と答えます。

とはいえ、序盤でカメラぶっ壊すセルフパロディや、それなりに重要そうに出てきたキャラが
シーン切り替えと同時にいきなり殺されるトホホ感
そして何より、

こんなくだらねえ内容をこんなクライマックスの大事なシーンの伏線に使うんじゃねえ!

と突っ込まずにいられないと同時に、思わず吹き出してしまった某シーンなど、見どころは満載です。

後半になるにつれてスプラッターなシーンは増えますが、それなりにグロに耐性ある方なら、
ぜひ見ていただきたい一品に仕上がっておりました。

「REC」の続編として見なければ、個人的には5段階で星4つと言う感じです。

あえてネタバレはほとんどしませんでしたので、ご興味持った方はぜひ、ご鑑賞を。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【これじゃねえ! VS】

皆様お久しぶりです。さて、例によって約9ヵ月間放ったらかしにしてた当ブログですが、先日半年ぶりくら

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

mkmk1977

Author:mkmk1977
mkのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。