スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフの2

さて第2回。
難波を後にした一行は、途中で大喜利用のスケッチブックなどを買いつつ、大阪駅へと向かう。

そういや後誰が来るんだっけ?と思いなおし、mixiの日記で確認する。

確定してるのがいかさんとキルヒ、ツヴァイ、タクスさんにイグリットさんにうどん。
それ+何人か増えそうな感じ。

お、うどん来るんだ。と少し意外な気持ちで面子を確認した。
別名RUNNERS HIGH、ご存じいかそうめんに続く、次世代の怪物と目されている人物である。

スカイプで何回かやりとりはしてたものの、通話は何故か不可な人だったので、
こういうとこに来るとは思ってもみなかった。

「ああ、だって女の子だからね」
京都星人が言った。
「え?うどんちゃん男でしょ?」
思わず訊き返す。
確かに性別を聞いたことはなかった。

「いや、女だね。間違いない」
京都星人は力強く言う。
彼曰く、スカイプで通話しないのが何よりの証拠なのだそうだ。

「うどんちゃんは多分長い黒髪が良く似合う女の子だよ。そして大学生だ。」
プロファイリングを続ける京都星人。
その目は虚空を漂っており、おそらくどこからか送られてくる怪電波を傍受しているものと思われた。

「そして同志社大生だ」

あ、学校も一緒なんだ。

どうやら彼の中でたどり着いたうどんちゃんの一つのイメージは
ある確固たるものとして完成されているらしく、
その語り口調を見る限り、妄想の中で、既に3回は抱いているように見えた。

そうこうするうちに我々はいかそうめん氏、イグリット氏と合流し、居酒屋に向かった。

居酒屋に着くと、さすが主催者と言う感じで、いかさんがテキパキと段取りを始める。

大人ってこういう感じだよな、と一歳年上の僕はしみじみと思った。

そして、着々と集まって来る参加者達。
僕にとって全員が初対面なので、誰が誰ってのもわからない状態ではあったものの、その中でも
ひときわガタイの良い男に目がいった。

見るからに柔道家という感じの体格に、人懐っこそうな表情。
実物と会ったことはないのだが、それでも最初に浮かんだ言葉は

「あ、綺麗なケンドーアラシだ」だった。

そんな綺麗なケンド-アラシは我々に向かってこう答えた。

「はじめまして、うどんです」

おおー、これがうどんちゃんか。
イメージとは少し違った風貌に驚くとともに、ふと、僕は京都星人を見た。

僕は一生忘れることはないだろう。
あの時の京都星人の顔を。


まったく大喜利に触れることなく第3回に続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

綺麗なケンドーアラシww
mkさん33歳ってのに驚きです。だいぶ若く見えますね
レポおつかれさまでした

No title

>うどん
普通にしてたら大体真面目そうと言われる外見に非常に助けられてます。
うどんちゃん汚れないように気を付けてね♪

No title

うどんさんってでかいんですか!!!
もう気軽に話しかけられないです・・・

No title

>(´・ん・)さん
うどんちゃんは体以上に器の大きい子だからきっと大丈夫だよ。
プロフィール

mkmk1977

Author:mkmk1977
mkのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。