FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年だよ!ブルース・キャンベル祭り 第五回

出オチ
さあ、やってきました最終章。
とりあえず今回で「2」は終わりです。
次々と仲間達が死んでいく絶望的な状況。
果たして、アニーは生き残ることが出来るのか。
そして、再び死霊に取り憑かれたアッシュの運命やいかに。
てな感じで続きー。

さあ、前回のラストで再び死霊化したアッシュ。
そのパワーにアニーはなす術がありません。
あっさり捕まると、強烈なボディプレスで気絶してしまいます。
プロレス
ニヤリと笑い、止めを刺そうとジリジリと近付いていくアッシュ。
このまま全滅してしまうのか――。
そんな時だった。
アッシュの目に、ふとある物が飛び込んできた。
不思議そうな顔で、それを手に取るアッシュ。
これは・・・。
思い出のネックレス
そう。それは、アッシュがリンダに送ったあのネックレスだった。
ネックレスを見つめ、少しずつ何かを思い出していくアッシュ。
苦悩アッシュ
苦悩するかのようなうめき声をあげ、そして彼は天に向かって吠える。
「ウオオオオオオオッッッッーーーーー!!!!」
愛の力
そして――人間に戻るアッシュ。リンダへの愛の力が、死霊を打ち破ったのだ!
開始5分で殺したくせに!
ありがとう、リンダ――。
まるでそう呟くかのように、天を見上げるアッシュ。

と、
斧アニー
そこには復活し、斧を振りかぶったアニーの姿が。
「ウアアアアアアッッッ!」
慌てて避けるアッシュ。
なおも斧を振り回してくるアニーを押さえつけます。
「落ち着け!もう大丈夫だ!戻った!悪霊は去った!」
言い聞かせるようにアニーに言い、放心したように壁にもたれかかるアッシュ。
しつこい人
ガンッ!!
その横に刺さるアニーの斧。信頼度0です。
「元に戻ったと言ったろ!」
しつこいアニーにキレ気味で叫ぶアッシュさん。
キレ気味
怒った顔がまた死霊に近付いているのは私の気のせいでしょうか。

「・・・わかったわ。とりあえず今はね」
ようやく落ち着いたアニー。とりあえず和解します。
しかし、依然として死霊の脅威が去ったわけではありません。
全てを終わらせる為には・・・・・・死の書をもう一度手にし、呪文を唱えなければいけないのです。そう。ジェイクが地下室に投げ込まれた、死の書の呪文を。
最後の戦いに備え、二人は納屋へと向かいます。
何故そんな技術を持っているのか、ありあわせの道具で義手を作り、そこにチェンソーをはめ込むアッシュさん。
義手
まさに匠の技です。
職人
ライフルも近距離用に改造しちゃったりします。
ちなみに「3」で明らかになりますが、この男の職業、ただのスーパーの店員です。
けして、元特殊部隊で今はコックとか、そういう設定ではありません。
そして、準備を整えた二人は、あの死霊が待つ、地下室へと向かうのでした。



セガール
間違えた。
Notセガール


地下室へ降り、死の書を一枚一枚拾いながら、慎重に進んでいくアッシュ。
今のところ、奴が現れる気配はない。
やがて死の書を全部拾い集めたアッシュは、頭上のアニーに死の書を放り投げる。
このまま何も起こらずにすむのか・・・。
ゆっくり階段を上がるアッシュ。
だが――。
「ギャーーーーース!」
「ギャーーーーーーッッッッ!」
ビックリドッキリメカ
そんなわけねえだろ、とばかりにやっぱり現れた死霊ママ。
アッシュを再び地下に引きずり込みます。

「――――!?」
異変に気付き、地下室の入り口に近付くアニー。
ビョーン!
ビックリ箱
ビックリ箱のように入り口から登場する死霊ママ。
慌てて逃げようとするアニーでしたが、捕まってしまいます。
しかし、間一髪の所で我らがアッシュ登場です!
しかしこの死霊ママ、やたら強い。
「魂を吸ってやるー!」
ろくろさん
強いどころか首まで伸びて、もう死霊とか言うレベルじゃねえ!
アッシュピンチ!
だがその時――。
歌姫
「赤ちゃん泣くのはおやめ、ママが小鳥を買ってあげる――」
突然歌いだしたアニーに気を取られる死霊。そう。こんなになったママですが、彼女もまた、わずかに生前の記憶が残っていたのです!
その隙を突き、チェンソーを振り回すアッシュ!
ロンド
「ギャアアアアアアアッッッッッ!!!」
首だけ
転げ落ちる死霊の首。
ついに・・・・・・彼らは死霊たちを倒したのです。
だが、しかし――。

「まだだ。死霊たちを追い返さないと」
そう。まだ終わったわけではないのです。
慌てて一つ目の呪文を唱えるアニー。
すると――。
「グアアアアアアアッッッッッ!!!」
ボス
雄たけびと共に、死霊の王っぽいの登場。
降参顔
アッシュさん、呆然。どう見ても勝てる相手じゃありません。
「早く、早く次の呪文を!」
気を取り直し、二つ目の呪文を唱え始めるアニー。
「カンダ!アマントス!カンダ!カンダ!サモンダ!ロバ!アレダ・・・・・・!」
しかし、その声が途中で途切れる!
最後のミギー
アッシュの右手に背中を刺され、倒れ込むアニー。
最後の最後までお前か!
なすすべなく襲われるアッシュ。
「ヒャヒャヒャヒャヒャ!勝った!我々の勝ちだー!」
勝ち誇る死霊たち。
しかし、瀕死のアニーは最後の力を振り絞り、呪文を唱えきる。
そして現れた時空の裂け目。
時空の裂け目
「ギャアアアアッッッッーーーーーッッッ!」
吸い込まれる死霊たち。
ついに・・・ついにアッシュたちは死霊を追い返したのです。
そして辺りに静寂が戻り、アッシュはアニーの元へ。
やり遂げた男
「やったぞ・・・」
感慨に浸るアッシュ。

と――。
バキャッ!
「え?」
裂け目2
次元の裂け目、空いたまんま。
ダイソン
逃げようとするアッシュですが、さすが時空の裂け目、物凄い吸引力です。
「うわあああーーーーーーっ!」
裂け目3
こうして必死の抵抗も空しく、時空の裂け目に消えていくアッシュ。
さよなら、君の勇姿は忘れないよ。




そして・・・・・・。
気が付くとアッシュは見知らぬ場所にいた。
ラスト
何故か、いきなり騎士の格好をした男達に取り囲まれるアッシュ。
「刺し殺せ!」
まったく状況もわからないまま、僧侶の格好をした男の掛け声で、殺されかけるアッシュ。
だがその時――。
ガーゴイル
「ウギャアアッッッッーーー!」
突然空から現れる死霊。
「うわー!逃げろー!」
恐れおののく騎士たち。
そんな中、平然と立ち上がったアッシュは、ゆっくりと銃を構える――。
怒りの一撃
ドゥオンッッ!
全ての怒りを込めたかのような一撃は、あっさりと死霊を粉砕する。
その光景を呆然と見つめる騎士たちだったが・・・・・・。

・・・・・・やがて、誰かが言った。
「死霊を滅ぼす使者だ!」
「・・・・・・え?」
「天から使者が現れたぞー!」
歓声を上げる騎士たち。
そして、アッシュは気付く。自分こそが、死の書に書かれていた「天からの使者」だったということに・・・。
「ノオオオオオオッッッーーーーーッッ!!」
ノー!
絶叫するアッシュ。
だが、その声は空しく空に消えていくだけだった・・・・・・。

~END~

というわけで、最初から最後まで可哀想すぎるアッシュでしたが、物語は更に「3」へと続いていきます。
あまりの出来事に、人間として一回り成長し、図太く、そしてアホになったアッシュが再び活躍します!
とはいえ、それはまた別のお話・・・。
とりあえず大喜利関連ちょこっと書いてから、また「3」編始めようと思います。
ではでは、また!
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mkmk1977

Author:mkmk1977
mkのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。