スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフの3

ここまでのあらすじ

京都星人は星になった。




さて、そんなこんなでオフ会は始まった。
揃った面子はいかそうめん、キルヒホッフ、うどん、イグリット、ツヴァイ、ジョバンニ、店長、Victm、
だむ男、たたみん、京都星人+遅れてやってきたタクス、山田、ジョバンニの友人のトリス(全敬称略)
に俺入れて15人。

あとちゃんこフォンデュとクロブチがメガネだけ参加。

多分本体はこっちなので総勢17名の大所帯となりました。

続きを読む

スポンサーサイト

オフの2

さて第2回。
難波を後にした一行は、途中で大喜利用のスケッチブックなどを買いつつ、大阪駅へと向かう。

そういや後誰が来るんだっけ?と思いなおし、mixiの日記で確認する。

確定してるのがいかさんとキルヒ、ツヴァイ、タクスさんにイグリットさんにうどん。
それ+何人か増えそうな感じ。

お、うどん来るんだ。と少し意外な気持ちで面子を確認した。
別名RUNNERS HIGH、ご存じいかそうめんに続く、次世代の怪物と目されている人物である。

スカイプで何回かやりとりはしてたものの、通話は何故か不可な人だったので、
こういうとこに来るとは思ってもみなかった。

「ああ、だって女の子だからね」
京都星人が言った。

続きを読む

オフ行ってきた

「色々考えたけど、ネット上の人と交流するなんて、そんな怪しげな物に参加するんなら別れるから
話したその場で言われるならともかく、一日置いて決心した声で言われるという、
どうにもならん状況で出てきた彼女のこのセリフのせいで、約2年間、頑なに断って来たオフ会ですが、
その当の本人とサヨナラしてしまったので勢いで行ってきました。

放ったらかしも何なんで軽くだけオフレポ。

続きを読む

あるオオギリストのちくわ私小説 1

この物語はある女性オオギリストのちくわにまつわる実体験を想像し、
大幅に脚色を加えたものである。

つまり、大きな意味でノンフィクション小説である為、
プライバシー保護の観点から、その女性の名は一旦伏せておく。

それではご覧ください。

続きを読む

プロフィール

mkmk1977

Author:mkmk1977
mkのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。